スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃんばら式






じゃんばら式注連縄。



”じゃんばら”という名の由来は「邪払い」という説がある。

上部の注連縄部分は一見、唇のようにも見え

下部は幾何学模様が編みこまれている

"暖簾"のような形状をしている。




2年前の青森旅行の目的地の一つでもあった

市内で最も古い縁起を持つ"大星神社"を訪れた時に

鳥居に架かった、じゃんばら式注連縄が

5月連休後の初夏の風に揺れていたのを

今でも鮮明に思い出します。





その年、寒さのためか開花が遅れたということで

境内のしだれ桜は満開でした。





当時、私は"マクラメ"という言葉さえ知らなかったのですが

それから数か月後に、ある出来事がきっかけとなって

マクラメという物を知りました。

マクラメを編み始めた時に購入した本の中にある写真によると

暖簾部分の幾何学模様は

おそらく七宝結びなのではないかと思います。







じゃんばら式注連縄。



満開のしだれ桜と共に

風に揺れる優美で繊細なその姿はタクシーから降りた際に

思わす駆け寄ってしまったほど感動的、印象深いものでした。


あの時期に大星神社を訪れる機会を持てたことに

今でも心から感謝しています。






市内では作り手の後継者不足に

頭を悩ませる神社もある・・ということですが

植物のつるで編んだ組みひもや腕輪が出土した

日本最大級の縄文時代の集落跡三内丸山遺跡が存在する青森、

津軽地方独特の注連縄 作りが

無事に引き継がれて行くことを願って止みません。











"紐・結び”にまつわる 話として、

じゃんばら式注連縄を ご紹介しました。

不注意により注連縄の画像を消去してしまい

ブログに貼ることが出来なかったので

興味のある方は検索してみてください。






かろうじて残っていた狛犬の写真。





IMG_0266 (360x480)






その狛犬に押さえつけられている

何ともいえない表情の邪鬼(?)






IMG_1231 (480x640)










では、又~。






無謀にもランキングに参加中。
いつも暖かい応援ありがとうございます。


~よろしければワンポチクリックお願いです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへにほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じゃんばら式注連縄というのは、初めて聞きました。
ちょっとググってみましたが、ほほ~これは確かにマクラメですね(笑)

朱音さまは、こちらをご覧になった経験から、マクラメの道に入られたのですね。

邪気の顔、なんとも言えません(^^;)

Re: No title

マクラメを始めた理由は他にあるのですが、今回は書きませんでした。

このじゃんばら式注連縄を見た時は、あまりの優美さに感動しました。

今まで目にしたことが無かったものですから印象深くもありました。

ただ、その時点で注連縄について調べてみたわけではなく

後々、ああ、あれはマクラメだったな~と思いだし、名前も最近になって知ったのです。(汗)



この邪鬼のヘコンだ顔付きに思わず吹き出してしまいましたヨ。



ありがとうございました。

 こんにちは、この前教えて頂いた本を参考に作ってみました。
 今日、ブログに載せました、良かったら見てみてください。
 あの、リングに螺旋の華 付けて良いですか?

Re: ありがとうございました。

こんにちは!

さすが、にゃん吉さん。もう作ったんですか?

これからすぐに伺いま~す。v-222

リンク貼り付けの、お申し出ありがとうございます!v-407

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
プロフィール

葛城朱音

Author:葛城朱音
以前はマクラメアクセサリ-を作っていました。
現在はデッサンや水彩描いています。

描いた絵・・・そして日々のちよっとした事等を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。