クンツァイト・ブレスレットをネックレスへ編み直し













クンツァイト(リチア輝石)のブレスレットを

ネックレスに編み直しました。


















先週の土曜日にフレームだけ編んでおいたものを

昨夜になって編み上げました。









085qq-(480x640).gif








石自体も大きい物ではありませんし、

身内からも、あまり装飾を入れずに・・と言われておりましたので

本当に少しだけ編みましたが出来上がってみたら

何だかピンク色の顔をしたウサギに見えます。









095qq-(480x640).gif








編んでいる途中で思ったのですが

この形をブレスレットにアレンジ出来そうです。

一つ編むと、そこから更に次の物へと繋がっていく・・・・。



マクラメって本当に面白いですね!


今夜はクレイビース、又は

次の編み直しに取り掛かろうと思います。



               ・・・・・








今日も暑い一日になりました。

黄金比もバテバテ状態です。

皆さんも体調管理に気を付けてくださいね。

それでは又~。






無謀にもランキングに参加中。
いつも暖かい応援ありがとうございます。


~よろしければワンポチクリックお願いです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ マクラメへにほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗やなぁ~。

綺麗やなぁ~。惚れ惚れします。
一本芯が入ってて安定感を感じます。
固定客を逃さない信頼される作家さんってこうゆうことなんだ
なぁ~って痛感致しました。
なるほど、うさぎですか!
もう、私の目には超綺麗なマクラメネックレスにしか見えていま
せんでした。(笑)

あ、先越されました(笑)

コメント入れているうちに、天然石アクセサリー道様に先を越されました(笑)

クンツァイトのやわらかな色が、濃い紐によって引き立ちますね。

そうかぁ、こういう色合わせもあるんだぁ~とホント勉強になります。

ところで、ネックの紐は、よりひもでしょうか?
私以前よりひもにチャレンジしたのですが、引っかけるところがないので、うまくいかず、その後は四つ編みばかりです。

これも何かコツのようなものがあるのでしょうか。


Re: 綺麗やなぁ~。

コメント、ありがとうございます。

変な言い方かもしれませんが、私はついつい突飛な方向へ行きがちなんです・・。(汗)
以前に作った物ですと猫顔とかオオカミに見える物、龍に見えるものが出来た時もあります。
動物好きだからかな~?(笑)


色々と理由はありますが現在に至るまで販売をした経験はないんです。
自分自身と身内、同僚や友人に対して編むのみでして、将来的に全く無いとは言い切れませんが
現時点では未定・・です。


今は只、心の赴くままに編み進みたい・・と思っています。

Re: あ、先越されました(笑)

こんばんは!

コメント、ありがとうございます。

紐の色は身内の好きな色なのです。シンプルにと言われたので少しだけ編みました。



私も皆さんの作品を見せていただくと勉強になります。

やっぱり、色合わせも編み模様も、いつの間にか癖のようなものが出来て似たような物ばかり編みがちになります。

他の方達の作った物を見て初めて気が付く・・ということが良くありますね。



ネックの紐は、より紐です。

私の場合ですが編んだ物をピン等を使いボードに固定し、紐を引きつつ、よっています。

ぐるぐると二本の紐を左右の指でより、よりとは反対側に一回交差して紐を持ち替えるという動作を繰り返しています。

よりの強さを加減しつつ進むと綺麗に出来ると思いますが・・・

言葉で説明するのは難しいですね・・。

お役に立てるかどうか・・・。すみません。


ご説明ありがとうございます!

よりひもは、本の説明だけで、やっていたのですが、どうにもムラができてしまって、まったく美しくないのです・・・

慣れの問題なのかなぁとも思ったのですが、やはり力の加減が大事なのですね。

ホントまだまだです。。

Re: ご説明ありがとうございます!

おはようございます!


よりにムラが出るのを防ぐには、グルグル・・紐を交差して持ち替えるという動作の後、

左右の紐を股を裂くような感じで右と左へ引っ張ることによって・・・作った”より”を揃える・

”より”を編み目として考えて手前ではなく奥の方向へ目を揃える・詰めるという感じで捉えてみてください。

左右の紐を引いた時に”より”がキチンと揃うと、よりが詰まった(目が揃った)という感覚を感じるはずです。

これが過ぎれば、よった部分が捻じれてしまいますが加減が丁度良ければ手を離しても

綺麗な”より”が残っていくはずです。


又、合間でぐるぐるの回数を調整しつつ、よってみてください。


なごみ様のように感覚が鋭い方はすぐにコツがつかめるはずです。ww

ををっ!

「より」丁寧なご説明を、本当にありがとうございます。
(↑すみません、おやじギャグ炸裂です…汗)


奥の方へ目をそろえる、詰める、というのは、ぜんぜん気にしていなかったことなので、ちょっとやってみます!


プロフィール

葛城朱音

Author:葛城朱音
以前はマクラメアクセサリ-を作っていました。
現在はデッサンや水彩画などを描いています。

描いた絵・・・そして日々のちよっとした事等を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR